【ナンカンタイヤ】 as-1の評判や寿命は?

ナンカンタイヤ as-1

台湾のタイヤメーカーであるナンカンは創業50年と言う長い歴史をもつメーカーです。高性能さを謳っているタイヤで、ナンカンのタイヤテクノロジーの進歩が見てとれます。

アジアンタイヤのけん引役のもあるナンカンは信頼と実績がある企業でもあります。そのため、タイヤの販売網はグローバルな展開を見せており日本だけではなく、世界各国に向けてタイヤの輸出を行っています。

ナンカンが製作販売しているタイヤ、AS-1スポーツコンフォートタイヤについて紹介していきます。

スポンサーリンク

as-1の性能や耐久性について

ナンカンタイヤAS-1

今回紹介する「AS-1」はスポーツコンフォートと呼ばれる部類になります。ナンカンタイヤ初の左右非対称の構造の溝パターンを採用しています。通常非対称の溝パターンタイヤは高性能タイヤに使用される事が多く、ナンカンでも初めての採用となるので、どこまでの性能なのか注目を集める事になっています。

非対称溝パターンの多くは、外側がコーナーでの旋回性とウエット路面時の排水性を高めています。内側は静粛性と乗り心地を重視した溝ブロックを配置しています。この非対称タイヤに求められるのは、コーナー走行時の安定性と居住空間における静粛性と乗り心地を満足させなければなりません。

AS-1はスポーツコンフォートタイヤに分類されるために、全体的な評価からするとスポーツコンフォートタイヤはスポーツタイヤにはかなわないのですが、加速する・停止する・旋回性能などを全体的底上げされていバランスの良いタイヤになっています。万能そうに思える「AS-1」でも気になるところが2か所あります。

1)排水性能です。一般道など比較的に速度域が遅ければ問題ないのですが、高速の速度域のウエット路面での排水性が未知数と言う事です。基本的に販売されているのですから、問題はないとは言い切れないのが残念なところです。
2)サイドウォール部の強度です。非対称タイヤであれば当然、ミニバンにも装着することができるタイヤです。ミニバンの走行から言えいるのは重心点の高さからくるバランスの悪さがありタイヤの種類によっては方減りを起こしやすくなります。AS-1はサイドウォール部の剛性が高くなければ、ミニバンには向かないように思います。

AS-1の耐久性に関してはスポーツタイヤよりはグリップ力は劣るものの、全体的なバランスが良いタイヤといえるので、スタンダードタイヤに比べれば耐久性は悪くはなりますが、スポーツタイヤとの比較では確実に耐久性があると言う事になります。

スポンサーリンク

ナンカンタイヤ as-1評判は?

ナンカンタイヤの as-1は、ナンカンとしては初の左右非対称パターンを採用したタイヤになります。評判はよく、左右非対称パターンは、一般的に高性能タイヤに採用されることが多いので、まさしく高性能になっています。

アウト側ではコーナーリングの旋回性とウェット性能を高めていて、イン側では静粛性と乗り心地の良さを図っています。この効果により、ブレーキングの安定性も図られています。

基本的には評判は5段階の評価では4がつけられている事が多いです。特にグリップ力に関してはスポーツタイヤまではという方にはかなりの評価がつけられています。

問題と考えられている高速域でのウェット性能に関しても3~4の評価を得ていますので、使用した感覚では問題にはならないという評価になっています。摩耗率がスポーツに比べて遅いと言った方がわかりやすいと思います。スポーツコンフォートですからゴムの硬さやワイヤーなどの入れ具合で耐久性が変化することになっていきます。

ナンカンAS-1の口コミ

口コミでは、ドライ性能がよく、ウェットはヘビーレインでも高速走行でも不安を感じることがないと評価されています。

「前回までは、ナンカンNS-2を使用していましたが、今回初めてAS-1の購入をしてみました。乗り心地は完全にAS-1です。ロードノイズも少なく、今までエア漏れなどの不具合もなく、格安タイヤですがいい商品」
「AS1に交換しての印象は静粛性の高さです。路面の走行音がほとんどなく,エンジン音だけ聞こえてくる感覚だけでです。下り坂のカーブでもしっかりと車体を維持してくれるので,グリップ力は街乗り程度なら全く問題はありません。それに乗り心地も良く,滑らかなドライブフィールで快適です。問題は,耐摩耗性がどれだけあるのか?」

口コミからわかるとおり、評価や評判で得ていた物とは全く逆の答えが静粛性や乗り心地感の高感度が高いことがわかります。グリップ力やウエット性能についての口コミは少なく評価も3程度と言うところです。

また、ノイズがかなり抑えられているので不快感は無いという声が多いですし、乗り心地は柔らかくて少々頼りなさを感じますが、グリップはそこそこするので、慣れれば問題のない範囲です。

スポンサーリンク

ナンカンタイヤ as-1寿命は?

タイヤの寿命は3年くらいですが、偏減りは殆ど無く、均一に磨耗するので、特別神経質になる必要はなさそうです。

磨耗もそれほど激しいレベルではないので、耐久性は満足の行くレベルと評価されています。

どんな人や車に最適?

非対称のタイヤからミニバン車がおすすめと思ってしまいますが、実際はセダンタイプまたはステーションワゴンタイプの車が最適かと思います。

ミニバンに履かせるとサイドウォール部の弱さが目立ってしまいそうなので、ミニバン関係ではコンパクトミニバンのプリウスαやウィッシュあたりまでだと思います。

right wait クラスでには若干ながらタイヤ自体がオーバースペックになってしまうかもしれません。

後は街の乗りを中心とした方やコスパに執念を燃やしているかたにはいいかもしれません。

⇒高品質 激安タイヤサイトなら『オートウェイ』 タイヤサイト
ナンカンタイヤや人気のホイール&タイヤが店頭よりお得に購入できる♪
タイヤ&アルミホイールの売れ筋ランキングや購入者レビューが満載なので安心できます!

楽天ショップイヤー&ヤフーベストストア連続受賞の人気タイヤ通販

タイヤ価格

>>『オートウェイ』公式通販はこちら


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする