【車】 夏タイヤの買い時や交換はいつがいいの?

cft_box03_img01

夏タイヤの買い時や交換はいつがいいのかというと、判断の目安時期が重要になります。

ブレーキで止まりにくくなるまで待っていると、危険極まりないので、早めのタイヤ交換が必須です。

夏タイヤの買い時は、タイヤの寿命をしっかり見極めることです。

スポンサーリンク

夏タイヤの交換時は?

156938c851782344d76a2c67d29573e6-426x294

夏タイヤの寿命は、大体、2万~4万キロメートルと言われているので、それぐらい走っている車は、買い時になります。

また、4年以上経過すると、タイヤのゴム自体が劣化して使えなくなるので、そりぐらい経っているのであれば、夏タイヤの交換をするとよいでしょう。

夏タイヤ交換時の目安は?

全てのタイヤには、摩耗時の寿命を表すスリップサインが刻まれているので、夏タイヤの買い時や交換の目安にするとよいでしょう。タイヤの表面が減っていて、スリップサインが露出していると使用限界です。

もっともスリップサインというのは、あくまで保安基準上、走ってはいけないことを示すものなので、それ以前に交換することも必要です。

タイヤの溝の山が残っていても、ゴムが硬くなっていたり、ヒビ割れが生じたりしている夏タイヤは、本来の性能を発揮することができません。

タイヤの摩耗状況に関係なく、5年程度を目安に定期的に交換するのが無難です。

⇒高品質 激安タイヤサイトなら『オートウェイ』 タイヤサイト
ナンカンタイヤや人気のホイール&タイヤが店頭よりお得に購入できる♪
タイヤ&アルミホイールの売れ筋ランキングや購入者レビューが満載なので安心できます!

楽天ショップイヤー&ヤフーベストストア連続受賞の人気タイヤ通販

タイヤ価格

>>『オートウェイ』公式通販はこちら


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする